ULTRASONIC ROLL SEAM MODULE

ロールシーム(チョコレート)

超音波ロールシーム溶着の溶着原理は基本的な超音波溶着と同様ですが、回転するロータリーホーンにより、フィルムや不織布の連続溶着(シール)が可能です。

アプリケーション

各種パッケージ等のシール(溶着)、包装機械での連続又は間欠シール(溶着)、不織布のカット&シール(溶断)、ヒートシールや従来の超音波溶着では困難な素材の溶着

特徴

  • ロータリー型のホーンにより、フィルムや不織布等の連続シールが可能。
  • 不織布では切断とシール(溶断)も可能。また、ほつれの無い縁切りも可能。
  • シール(溶着)部からの放射熱が無い為、製品(中身)やフィルムは熱によるダメージを受けない。
  • 薄いフィルム(約15μm)でもシールが可能。
  • 超音波振動を利用したシール(溶着)なのでシール面が濡れていてもシール可能。
  • 消費エネルギーが少なく、環境に優しい。
  • 電源立上げ後、直ぐに運転できる(ヒートシールのようなウォームアップ時間が不要です)
  • 間欠運転でも安定した溶着品質を保つ為のパワーコントロールが可能。

片持ちロールシームユニット

ソノトロニックの片持ち型ロールシームユニットは、コンパクトな設計で様々な装置への組み込みが可能です。
横ピロー(HFFS)、縦ピロー(VFFS)、四方シール等、様々な製袋機への組み込みが可能です。

ロールシーム
ロールシーム
ステンレスボディータイプ (食品業界等)
ステンレスボディータイプ
(食品業界等)

 

シール幅(mm)2~9mm
最大加圧(N)250
最大スピード(m/min)80
周波数(KHz)35
超音波最大出力(W)400
エアー圧力(Kg/cm²)6
外径寸法 W×H×T(mm)250×428×127
ロールシーム側面外観図面
ロールシーム側面外観図面

シール(溶着)形状

御客様の目的に合わせた形状をこれまでの実績に基づき提案いたします。 その他にも御客様のご要望に応じたシールデザインの検討も可能です。

シール(溶着)テスト

弊社にて実機での溶着テストを随時受け付けております。御気軽に御相談下さい!

youtube紹介動画

不織布編

フィルム編(OPA15/PE50)

044-820-0351営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせ