最新の溶着管理を
現役生産機に!!

溶着品質の管理項目には、大別して、発振器内部で行うものと、総合的に行うものに分けられます。当社では、プレス機構を含んだ総合的なもので、設定機差が大きく、溶着品質の影響がある沈込み量の時系列データの取得に着目し、これを特化させた「溶着管理計測システム」を開発いたしました。
あらゆる溶着機に対して、測定器取り付けやPCからの設定操作が容易なため、以下のお客様にお勧めいたします。

特徴

  1. 既設の溶着生産に対して毎回プロファイルデータを残したい。
  2. 溶着機設備の更新を行いたいが、生産が安定しているため、更新前の記録が欲しい。
  3. 試作品(物)の最適な溶着条件を把握したい。
  4. 歩留まりと溶着条件の関連を把握したい。
  5. サブ(バックアップ)測定としてモニタや記録をしたい。
  6. 数値異常を検出させ、生産ライン中の警告等に使用したい。

PCでのオンライン表示例

溶着管理計測(制御)システムグラフ